定尺バラ売り/賃加工|藤澤鋼板 株式会社

COMPANY会社概要

  1. TOP
  2. COMPANY

経営理念

ご挨拶

1948年12月 創業者 藤澤 滋により藤澤鐵店として産声をあげた当社は、日本経済の発展とともにその役割を果たしてまりました。

70有余年の歴史のなかで、業界第一号のレベラー稼働に始まり、浦安鐵鋼団地への第一号進出、HES方式によるスリッターの導入、 村山鋼材(株)様との協業体制の確立等、常に時代の先端にチャレンジをし続けてまいりました。

今後も「新時代」に向けての継続的改善を実行し、更なる製品改善を追求致します。

代表取締役社長藤澤 丈

HISTORY沿革

1948年~2000年

藤澤 滋、個人経営にて藤澤鐵店創業
株式会社藤澤鐵店に組織変更
藤澤 滋、代表取締役に就任、資本金19.5万円
東京都墨田区亀沢町にレベラー工場完成(業界第1号レベラーライン稼働)
東京都墨田区錦糸町に錦糸工場完成
藤澤鋼板株式会社と商号を変更、日本鋼管(株)(現:JFEスチール株式会社)の指定コイルセンターとなる
千葉県浦安鐵鋼団地内に浦安第1工場完成 (最大板厚12.0mm 大型レベラーライン設備)
資本金3,500万円に増資
資本金4,800万円に増資
日産自動車株式会社の指定コイルセンターとなる
本社を東京都墨田区より千葉県浦安市の藤澤鋼板浦安工場内に新築移転
1号大型レベラーライン能力向上(最大板厚16.0mm)
2号レベラーラインをDDS制御方式化
船橋労働基準監督署 優良事業場(安全)
浦安第2工場完成
スリッターライン設置HES(油圧拡縮)方式
1号レベラーラインをDDS制御方式化
藤澤 滋、代表取締役会長となり藤澤 鐵雄が代表取締役社長に就任
シャーリング部門をベストスチール株式会社として分離独立
早朝、昼休み時間の入出荷サービス開始。規格鋼板の在庫拡充開始
2号レベラーライン リフレッシュ工事完了

2000年~

1号レベラーライン リフレッシュ工事完了

AM7:00よりコイル入庫開始

千葉県労働局より快適職場として認定される

船橋労働基準監督署 優良事業場(衛生管理)

小集団活動開始

村山鋼材㈱様との協業体制の確立

1号・2号レベラーラインを撤去し、新ライン(鐵腕レベラー)導入

藤澤 鐵雄、代表取締役会長となり藤澤 丈が代表取締役社長に就任

藤澤鋼板 株式会社
ベストスチール株式会社
会社概要ダウンロード


ACCESSアクセス

© FUJISAWA KOHAN INC.